• Uniseth Technologies

SEって呼び方が嫌いです

更新日:8月9日


ユーザーも同業者も、SE(システムエンジニア)と呼んでいますが、実はとっても嫌いなんです。 すごく抽象的で、偏っている感じが。


システムを作れる人?


でも、SEと呼ばれている殆どの人は自分の力ではシステム作れません。

そう、チームで行動しないと。


工程を管理してハッパをかける人、システムのマンガを書く人、プログラムを書く人、テストする人、etc。


それぞれ担当する人は違う領域を決してやりません(知っているフリしてても実際は手が動かない、受け売り的でなんとなく知っていて、やって!と言われたら他人に振るしか手段が無い人というのもチラホラ)。


何故か、誰もそこを追求しません。全部出来ればIT最強人類なのに。チームで行う大きな仕事でも、全員が同じ知識を持っていれば、監視が効くのでより安心ですよね。

何故か、経験でステージが変わると前に行なっていた領域の作業をやろうとはしません。時間があっても。今の時代、あっという間に知識や常識は陳腐化してしまいます。


しかも、前に担当していた工程を現在担当している人に対して、何故か威張ってマウント取ろうとする人がいる(笑)。


ひっくるめてSEという括りで片づけられているような感じで、嫌いです。

私のことはプログラマーと呼んでください。代表取締役プログラマー。


フルスタック・エンジニアという便利な言葉もありますが、突き詰めていくと、営業・マーケ・エンジニアという区分けも嫌い(笑)。

全部やって経験してみると、今の能力で足りないところが見えて来て、最強IT人類に近づけます。



閲覧数:27回0件のコメント

最新記事

すべて表示